果てしない青のために

あなたの心に、言の葉を揺らす優しい風が届きますように。光と戯れる言葉のきらめきがあふれますように。仕事の依頼や連絡などはメールで ⇨ aoyamayuki1963-poetry@yahoo.co.jp

神話

f:id:aoyamayuki:20210919101453j:image

あの東の空の果て
そこにある星からのはじめての光は
まだここにはとどかない
だからそこに生まれた新しい世界
そのことについて誰も知らない

けれどもたしかに息衝いて
ちいさないのちの粒々たちが
はじけてもえあつくながれて

地球
というなまえさえなかった頃
そんなふうにうたった詩人が
遙かな西の空にいたかもしれない

夕日にむかって歩いてゆきながら
そう思うことはないか
けれどもまた星空はあらわれ
今夜あたりはもう
秋がしめやかにならびはじめる

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

戦士の黄昏

f:id:aoyamayuki:20210821193419j:image

ほらそんなふうに
あのひとも歩いていった
あなたもまた
私がすてたきのうの空へ
死んだはずのあの私を
見つけるのだといって
歩いていったきっと
どこかで生きていると
きらりと鋭い風を
左の肩の傷に感じながら
かならず見つけてくるからと
きっとつれて帰るからと
待っていて
約束
この時間のこの場所で
いろをとめてひかりを
おとをそのままにして
きっときっと待っていてと
帰るからかならず
見つけてもどるから本当に
憶えているから
あの燃える朱鷺色の髪を
立ちつくした湖の碧を
遠ざかる雷鳴を
たったこのいまもこんなふうにありありと
あのとき私の瞳に
ながれていた虹の彩りを
こんなにも鮮やかに
こんなにもはっきりと
よみがえらせることができるから
そのまま
じっといろになって
ひかりになっておとに
なったままじっとそのままで
かならず待っていて帰ってくるから
もどるから本当に
かならず見つけてくるからと
それでもいまでは
忘れてしまって
なにを見つけだせばよかったのか
わからなくなったままただ
ひとつの大きな傷痕になって
私の内側を
どこまでも歩きつづけている
あなた

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

後朝

f:id:aoyamayuki:20210802161834j:image

ちいさな肩のうえに
あなたの胸があつい
溶けてゆく柔らかなひろがり
そして すこうし汗

決してたどりつけない
だから遠さにあこがれてしまう
それならば見えてはいないのだろうか
こんなにもあなたの胸があつくふるえ
そのなかに
こんなにも確かに
あなたの鼓動を感じられるのに

愛の余熱に息苦しい
夢のなかでしか夜は生きつづけられないのか
願いのかたちをして
吐息があなたの耳の奥を吹く
夜の行方はいつもしらじらしい朝
だからいつも夢なんか見ようとする
遠さはたどりつけないから遠いというのに

やがてそのうち
日常のはじまる音がする
たくさんのひとびとが
夜を洗い流そうとまた歯を磨きだす
あなたの出てゆこうとするテーブルから
あまりにも唐突に
昨夜食べのこしたプリンが落ちる
この白い朝

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

棲息

f:id:aoyamayuki:20210704161017j:image

たしか腕から肩へ
そんな記憶がある
いまではもう背中いっぱいに
どこまでも繁りつづける
数えきれない葉たち
爪はうすみどりに染まり
眼のなかのふくらんだ空に
葉脈がひろがりはじめましたね
だからもう心配はいらない
あなたはそう言ってほほえみ
私の腕をさやとふるわせて
この部屋から出ていってしまった
あの日から
この窓辺のひかり
その柔らかな視線だけが
私のからだのうえを触れる
たしか腕とか肩とか
そんなものがあったような気がする
背中
私の裏側にむきだしのひろさ
あれはいつかの夢だったのだろう
いまではただみどりの粒々だけが
頭のなかで育ち透きとおってゆく
あなた
は誰だったのか
あなたはいつかの私だったのか
そんな記憶もあわいみどりにゆれて
どうでもいいことだ私には
どうでもいいことだ私さえみどりに消えて
あとにはひろがるみどりが
秘めやかに息衝きはじめる

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

 

 

驟雨

f:id:aoyamayuki:20210615214129j:image

樹たちが騒がしい夜は
熱帯モンスーンの海を夢みる
雨季のどのあたりだろういまごろ

この日本では
梅雨明けについて気象台が語る
私のなかの気候について
あなたは話せるだろうか

雨の降る日を憶えていて
見失ったはずの傘
あるいは新しいレインコート
そんなものを用意してきてくれる
ことなんてあるだろうかあなた

雨季でなく
梅雨でもなく
しのびやかに歩きめぐる
ひとつがいの雨の脚がある

知らないからだの奥で
育ちつづけていた幾つもの粒々たち
気づくよりももっとまえから
私だけの暦を刻みながら

降りはじめた雨が
前髪を濡らしてゆく
あなたを乗せた快速
その遠ざかる気配を背中に
ふと駆けだしてしまう
帰途

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

 

 

序章

f:id:aoyamayuki:20210528213655j:image

それは吹きちぎられたものたちの影
それは朝に投げだされた夢
それはうつむいた祈り
それは消える風紋
それは私
けれども私はひとつの遠さである

めざめると
誰もいない
悲しい不在に満ちている
遠浅の私
うすら陽のなか
せつなくあわく
どこまでもひろがり

樹々もなく
街もなく
私のひそかな内側に
ひとつのひろがり
あふれる激しい沈黙のなかに
どこまでもつづいて

どこまでも
こんなにどこまでも
誰もいない
それならば
せめてあなたを愛することにして
愛することで
私を忘れ
私をなくし
私のなかを
いろやざわめき
ぬくもりやひかり
ひとびとのおしゃべりにつくりかえて

つくりかえ
つくりかえることでしかし
確かにめざめて私
この遠さについて
こんなにも鮮やかに

というなまえで語りはじめる

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

椅子

f:id:aoyamayuki:20210515104419j:image

行きましょうか
そう言って立ちあがったあなたの
耳のふくらみでゆれていた午後の陽が
まだそのあたりで立ち去りあぐねている
そんな気がしたことのあるその椅子に
あなたが腰かけていたのはいつだったろう
それとも黙ったまま
あなたがその場所にいたということ
そんなことなど本当は
ありはしなかったのかもしれない
たったひとりの夜のまんなかで
こんなことを想いながら
そこに腰かけていた誰かがいてもいいだろう
けれどもいまは確かに
その椅子には誰もいない
駆けぬけていった夏の果てには
つめたい雨の痛さだけが置き去られていて
女手の宛名文字が
濡れて読めなくなってしまっている
手紙はとうに行方不明で
そのひとの捨てていった海のなかを
今日も捜してみたのだけれども
なにもない
だからたったひとつ
いつまでも雨にうたれていてその椅子は
通りすぎていったたくさんの
陽にやけた背中ばかりを想い浮かべている

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

 

風の行方

f:id:aoyamayuki:20210501111720j:image

せめて
きょうの行方くらいはと
寄せてはうずくまる想い出の片隅で
しぶきをあびながらしばらくは
描かれてゆく波紋をみつめていたけれども

誰もそれをとめることができないまま
やがて旋律はフィナーレへと流れ
あなたはいま最後のフレーズを
穏やかに胸にうけとめようとしている

さよならのとき
ひとはこんなにも無口だ
それだけでなく
さよなら
という言葉の言い方さえも
不意にどこかへ置き忘れてきてしまって

歩き去るひとの背中はまぶしい
搾られた時間の果汁が芳しく
ひとしずくの滴りになにもかもがとけて
まぶしさのなかでちいさく悲鳴をあげる
どこまでもそれは青く谺して
あらゆる風があなたへと吹く
それでもどこかで再び風のたつ気配がして
いつまでもここから私を去らせない

誰もいないテニスコート
たった一本のラケットがかなしい
あなたが朝の光にゆらめいてしまうと
港のみえるこの街で
新しい風をうけてまた誰か
しずかに唄を口ずさみはじめる

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

破鏡

f:id:aoyamayuki:20210419165915j:image

昇ったばかりの下弦の月を盗んで
スーツケースに閉じ込めたら
砂浜につづく坂道を急いで降りる
海へと渡る風にせきたてられながら
ひりりとするかすかな傷を額に刻みながら

潮の満ち干が月のかなしみのせいならば
水底に深く沈めてやればいい
光も音もいらなくなった水圧だけの世界で
四十五億年前の凍えた夢を抱きしめたまま
すでに昨日までの月がひっそり揺れている

二十三個目の月を沈めたあとで
潮風にしみる私の額の奥に
もうひとつ古い傷があったことに驚く
綻びかけた縫い目の奥に果てない空洞がひろがり
ただ漆黒の炎だけがうずうずと燃えている

覚えていなければきっとかなしみも生まれない
失ったことに気づいて初めて
切ない願いがあふれるのだろう
もしも思い出すことがないとしたら
忘れていることすらわからないように

月はいつも生まれた地球に帰りたがるけれど
顔を隠したまま廻ることしかできない
振り仰いだ銀河の横で星座が配列を変え
宇宙の果てで終わりが始まりと結ばれると
あしたの月がゆっくり目覚める気配がする


  初出誌:『詩と思想』2019,3(384),p.100.


#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

 

詩集『リエゾン LIAISON』より No.29「レコード」

f:id:aoyamayuki:20200212171648j:image

レコード

溝のなかで
あなたはまだ生きていて
あの頃よく歌ってくれたジャズのナンバーを
ちょっとだけよそ行きに歌っている

黒く磨かれたピアノの天板に
いつもあなたの横顔がゆれていて
そうしているのが癖だった
指先でくゆらせている煙草
その銘柄もしっかり覚えている

どこから と どこまで
その答えを見つけられないのが
円なのだと知っていたけれど
刻まれた溝はいつまでも
限りなく近い螺旋のまま
ふたつの端を握っている

けれどもそれはもう三十年も前のこと
歌声のあなたと同い年の私の息子が
いまではすっかりあなたに入れあげていて
あなたにあわせて口ずさみながら
擦りきれたジャケットに
丁寧にセロハンテープを貼りつけている

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

詩集『リエゾン LIAISON』より No.28「埠頭」

f:id:aoyamayuki:20200205200537j:image

埠頭

風は渡っていった
それきり

もうこれ以上ここで
旋律になって歌いつづけられないから
預けてあった靴と楽譜を
かえしてください
そういってあなたはでていった
真夜中の扉をあけ
匂い立つ朝霧の彼方へ
さよなら
そのとき叫んだあなたのみずいろが
ぼくのなかでひかる海になる

たったひとつのくちづけだけが
すべてをものがたることだってあるのだ
あなたのいなくなった窓辺のノートに
そう書いたいくつかの文字ですら
あなたのひろげていった海のなかでは
ひとむれのうたかたよりも
いまではもっとあわくて

こんなふうに見つめている
あの遠い朝焼けにしても
そこにたどりついたときにはもう
きっとどこかの夕陽にちがいない
それなのに
あなたはいってしまった
確かにそこに朝があるからと
そこにいって朝になるからと
そのあとに
こんなに眩しい
数えきれないさざ波をうち寄せて

確かなものなどどこにもない
そのことだけがあまりにも確かだ
ここにあるこのあふれる朝のほかに
いったいどこに朝があるというのだろう
そしてここにあるこの夜と
この愛といのちと歌とのほかに

けれどもいってしまった
立ちつくすぼくをかすめあっけなく鮮やかに
風は渡っていってしまった
それきり

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

詩集『リエゾン LIAISON』より No.27「未遂」

f:id:aoyamayuki:20200201100536j:image

未遂

その街角をまがってまっすぐに行けば
青空につきあたるから
その城壁に沿って歩いてゆけば
かならず青空にゆきつくから
そう教えてくれた朱鷺色の髪の少女も
ウェディング・ドレスの裾を気にしながら
いつだったか
飛行場から翔びたっていった

なにをそんなふうに泣いているのですか
そう訊いたことがある
あなたは哀しくないのですか
そう答えが返ってきたことがある
いったいそれはなんだったのか
今まで私はなにが哀しかったのか
それが憶い出せない
それ以上哀しいことがありますか
そう言ってむせぶ泣き女に出逢ったのは
いつのことだったろう
それにしてもどこまでも石垣がつづいて
まだ空の青さにはたどりつけない

あのときの少女も今頃は
子供の水遊びを眺めて
毎日帰りの遅いひとのことを
気遣っているだろうか
それともアルバムを繰りながら
むかし駆けつづけていた遠い道のりのことを
憶いかえしているだろうか

城壁に沿った道がある
石畳のゆるやかにのぼる道がある
日々を数え忘れてしまっていた胸に
歩きはじめた頃の足音が
ときおりよみがえってくることがある
過ぎていったひとの横顔が
石垣の隙に浮かびあがってくることがある

道がある
どこまでもまっすぐな道がある
歩いてゆきながら
空の青さについて語ろうか
そう思うのはいつものことだ
けれどもそれは思うばかりで
つきささるような青さには
いつまでもたどりつくことができない

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

詩集『リエゾン LIAISON』より No.26「薄明」

f:id:aoyamayuki:20200128190451j:image

薄明

からんと晴れたぼくの胸のひろがりに
そびえるひとつの梢がある
その先にはいつからか
ちいさくあおざめた矢印があって

風が

きまって吹いているので
方角はいつも行方知れずだ
どこかで翼のはばたく気配がして
ふりむけば
黒く装ったあなたが
横顔をみせて歩いてゆこうとする

ひとつのおおきな想いが
真夜中の空を渡っていったのは
たしか夏の終わりのことだったろう
あれからずいぶんときがたって
ひとがうたをくりかえしうたって
鳥たちが遠くへいってしまって
たくさんの星が流れて
それでも顔をあげてみると
日焼けした肌をあちこちに貼りつけたまま
まだ空は
新しい陽を見つけることができない

朝でもなくまして夜でもなく
ひろがりは
ただこうして晴れわたるばかりで
どこで生まれてどこへ去るのだろう
風だけがいつも
あなたの髪の香りのふりをしている
矢印といえば
いつもその行方を追いかけて
からからとかわいた夢をみているばかりだ

風が

ではなくぼくの腕がすらりと伸びて
その髪をすくおうとするけれども

つきぬけた腕の果てには
いつまでも立ちつくすひろがりが
やがて訪れる次の風を待ちわびて
黙ったまま矢印を見つめつづける

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

 

 

詩集『リエゾン LIAISON』より No.25「扉をあけてでてゆけば突然の真昼」

f:id:aoyamayuki:20200126212234j:image

扉をあけてでてゆけば突然の真昼

とりあえず〈とりあえず〉と書いてみて
そこからはじまる物語もあるにちがいない
けれどもこうして待ちつづけてはいても
あいかわらず空はまぶしい青で
そのうえ気温は三十度を越えようとしている
夏のはじまり
ひろがりはひろがりのまま
色彩は色彩のまま
音さえも音のまま時間のなかにありつづける
だからすべてに〈とりあえず〉と封印して
扉をあけてでてゆくのだとりあえず

突然の真昼

記憶なんていらない
いま生きているこの腕そしてこの瞳
ただそれだけでいま生きているこの唇
この動悸このほほえみこの涙この傷痕
ただそれだけでこの真昼のなかに
ひろがりはひとつの点にあつまり
色彩は須臾の閃光
音は激しい静寂として
この真昼にあればいい

いのちはいつもただひとつきり
生きること以外なにもできない
愛すること歌うこと想うことや眠ること
それ以外にはなにもできない
ひとつきりたったひとつきり
ただあなたのぬくもりを感じているばかり
高層ビルの偏光ガラス
ショーウインドの麻のジャケット
並木道のゆるやかな坂
銀色にひかるプラネタリウム
すべてが立ちつくすこの真昼のなかを
ひとつきりたったひとつきりのいのち

とりあえず

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作

 

詩集『リエゾン LIAISON』より No.24「虹」

f:id:aoyamayuki:20200123203710j:image

殺人現場の隣で
バッハのパッサカリアを聞きながら
そのひとと午後のお茶を飲んでいた
とはじまるひとつの物語を
燃やしてしまったのよ書きあげてから
あなたのそんなおしゃべりを聞きながら
こうして紅茶を飲んでいる
いま流れているのは誰のソナタだろう
暖炉にくべられた薪が
ちょうどあなたの瞳の闇で
黙ったまま死にたえてゆくところ

沈黙の値段を知っているかい
この店のオレンジ・マーマレードと同じ
それともあなたの背丈の白銀の硬貨
それより物語の話だったね
突然あなたは黙ってしまって
だからぼくはマーマレードが食べたい

そんなのは嘘だ
マーマレードのことではなくて
あなたが物語を燃やしてしまったこと
ノートの表紙の黄色が
切り裂くように叫んだからといって
だって物語はここまでで
はじまってからもう二十四行

歳の話などではなく
二十四はあなたの脱いだ服の数
最後は確か緑色だったろうか
ついさっきは一枚のシーツに
あなたの髪が緑にゆれていて
あとでお茶を飲みにゆこうか
そう言ったのを覚えているかい

どんなに焦がれてもたどりつけない
どんなに叫んでもとどかない
どんなにしっかり抱きつづけても
どんなにどんなに
どんなに激しく憧れていても
いつまでも遠い地平線の青に
そこにはあなたがいるのだけれども
どんなに愛しても
どんなに

愛は藍
そんな題がふさわしい

だから物語をかしてごらん
紫草の押花をして
ぼくが持って帰ることにするから
犯行現場は通り雨がよぎって
洗い流してしまったから
お茶を飲み終えたならば
バッハでも口ずさんで歩いてゆけばいい
他人のふりをして行ってしまえば
ほらもうすっかり
雨はあがって虹が立っている


#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作