果てしない青のために(Pour le bleu sans fin)

青山勇樹:詩人。名古屋市在住。大学の教員として教育や研究に励みながら、詩を書いています。もともとは、高等学校の国語科の教員でした。31年間の高校勤務のうち、後半の14年間は教頭として学校の管理にあたりました。現在、大学では、言語と表現、日本語表現、日本の文学などの講義を担当しています。あなたの心に、言の葉を揺らす優しい風が届けられますように。光と戯れる言葉のきらめきが、あなたの心にもあふれますように。仕事の依頼などはメールで ⇨ aoyamayuki1963-poetry@yahoo.co.jp

詩集『リエゾン LIAISON』より No.29「レコード」

レコード 溝のなかであなたはまだ生きていてあの頃よく歌ってくれたジャズのナンバーをちょっとだけよそ行きに歌っている 黒く磨かれたピアノの天板にいつもあなたの横顔がゆれていてそうしているのが癖だった指先でくゆらせている煙草その銘柄もしっかり覚…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.28「埠頭」

埠頭 風は渡っていったそれきり もうこれ以上ここで旋律になって歌いつづけられないから預けてあった靴と楽譜をかえしてくださいそういってあなたはでていった真夜中の扉をあけ匂い立つ朝霧の彼方へさよならそのとき叫んだあなたのみずいろがぼくのなかでひ…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.27「未遂」

未遂 その街角をまがってまっすぐに行けば青空につきあたるからその城壁に沿って歩いてゆけばかならず青空にゆきつくからそう教えてくれた朱鷺色の髪の少女もウェディング・ドレスの裾を気にしながらいつだったか飛行場から翔びたっていった なにをそんなふ…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.26「薄明」

薄明 からんと晴れたぼくの胸のひろがりにそびえるひとつの梢があるその先にはいつからかちいさくあおざめた矢印があって 風が きまって吹いているので方角はいつも行方知れずだどこかで翼のはばたく気配がしてふりむけば黒く装ったあなたが横顔をみせて歩い…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.25「扉をあけてでてゆけば突然の真昼」

扉をあけてでてゆけば突然の真昼 とりあえず〈とりあえず〉と書いてみてそこからはじまる物語もあるにちがいないけれどもこうして待ちつづけてはいてもあいかわらず空はまぶしい青でそのうえ気温は三十度を越えようとしている夏のはじまりひろがりはひろがり…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.24「虹」

虹 殺人現場の隣でバッハのパッサカリアを聞きながらそのひとと午後のお茶を飲んでいたとはじまるひとつの物語を燃やしてしまったのよ書きあげてからあなたのそんなおしゃべりを聞きながらこうして紅茶を飲んでいるいま流れているのは誰のソナタだろう暖炉に…

💐 ことばによる文化創造の新たな地平を切り拓くために 💐

1 作品に内在する「詩的思考」 現代の日本社会において、ことばによる文化創造は、作品に内在する「詩的思考」を探ることによって、新たな地平を切り拓くことができないだろうか。 2 世界を「物語る」欲求 池上(1984)によれば、人間は外界を主体的に意味…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.23「流れる」

流れる 流れるものは水だろうか時間だろうかどこかから来てどこかへと向けて流れているものはいつもひとではなかったか 岸辺でいつまでも見ているので河は流れてゆくのだろう見つめられることに耐えきれずやがて去るひとをいつくしみながら 朝刊を積みあげて…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.22「メロディー」

メロディー あなたのくちびるからいまメロディーがあふれはじめる童歌でも流行歌でもなくあなたがうたうのはまぶしいひとつのメロディー 私の心のなかにもなりつづけているメロディーがあるなにげなくくちずさんでみるとそれはとてもなつかしい たとえば花び…

詩集『リエゾン LIAISON』より 連作「電話」

連作「電話」https://m.youtube.com/channel/UC4WIuglkD0dvVaWQcUahAZg [ 電話a ]凍った空の低いあたり今夜もいくつものあつい声がひとりからひとりへと駆けるその綾のかげを ひっそりさよならのさけびがとどくあなたのすべてが声になってたったいま私の肩…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.21「電話(4-4 電話d)」

「電話(4-4 電話d)」 朝も午後もあなたは不在で私のみた夢について聞かせてあげることができない九千五百七十回めの呼出音がいまあなたの部屋にとどくそれともひょっとして九千七百五十回めだったかしら暮れなずむ海は受話器のなかに満ちてきてやがて私は…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.20「電話(4-3 電話c)」

電話(4-3 電話c) 〈もしもし〉が〈申します〉ではなく〈もしかしたら〉と聞こえる昼さがり盲いた受話器の瞼の奥にはとびちる紅が貼りついて〈もしもし〉電話は追憶をたどりはじめるいつまでもつづく呼出音はどこへむかっているのだろうそんなとき電話も夢…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.19「電話(4-2 電話b)」

電話(4-2 電話b) あなたと別れたそんな夢からめざめた朝あなたの夢にみられているかすかな不安に気づく雨あがりの庭吹きわたる風がほのかな青に染まりはじめたからだろうかどこまでが夢をみている私でどこからがあなたの夢のなかかこのことについて誰が語…

📃 お知らせ 📃 〈noteでの詩の紹介〉「電話(4-1 電話a)」

noteで詩を紹介しました #note 凍った空の低いあたり今夜もいくつものあつい声がひとりからひとりへと駆けるその綾のかげを ひっそりさよならのさけびがとどくあなたのすべてが声になってたったいま私の肩のうえに重く——不意にとぎれた受話器から発信音だけ…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.18「電話(4-1 電話a)」

電話(4-1 電話a) 凍った空の低いあたり今夜もいくつものあつい声がひとりからひとりへと駆けるその綾のかげを ひっそりさよならのさけびがとどくあなたのすべてが声になってたったいま私の肩のうえに重く——不意にとぎれた受話器から発信音だけがつづいてい…

📃 お知らせ 📃 〈noteでの詩の紹介〉「卒業」

noteで詩を紹介しました #note きょうの言葉はきょうのうちに見えない風の粒々になっていつか吹きぬけてゆくはずなのに静まりかえった青に染められさよならの声がたちどまる 記念写真の隅で息をこらし時計をとめてまばたきをするすべてはその一瞬に思い出と…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.17「卒業」

卒業 きょうの言葉はきょうのうちに見えない風の粒々になっていつか吹きぬけてゆくはずなのに静まりかえった青に染められさよならの声がたちどまる 記念写真の隅で息をこらし時計をとめてまばたきをするすべてはその一瞬に思い出という装いをはじめるだから…

詩集『リエゾン LIAISON』より No.16 「種子」

種子 かすかなうごめきのほかにはじめてのいのちはまだなにもかたろうとはしないけれどもまもなくはじけてひらきこぼれあふれるのだあさがそこここにみちてひろがりみずのおもてをあざやかにながれてあかるいさけびをあげはじめるときに そのかたくとざされ…

🎍 年末・年始 Special Week 7 🎍 〈未発表詩 4〉 📖 六月の鯨 📖

六月の鯨 真夜中の電話ボックスに閉じこもって六月の鯨は華やかな夢をみている外れた受話器からこぼれる発信音を枕にガラスの向こうに敷きつめられた紫陽花とどうにかしておしゃべりできないかと 「もしもし」不意に受話器が話しはじめる白く濁った気泡がわ…

📃 お知らせ 📃 〈noteでの詩の紹介〉「通りゃんせ」

noteで詩を紹介しました #note なぜいつも私のまわりだけ雨が降るのだろうだれも傘をささないので私も濡れたまま歩く強い風でびしょ濡れになることもあるけれど悟られないようハンカチで前髪をそっと拭く傘でなくレインコートでも着たらいいかしら ▶︎ note:…

🎍 年末・年始 Special Week 6 🎍 〈未発表詩 3〉 📖 通りゃんせ 📖

通りゃんせ 硝子のコップに小さなひび割れを見つけた朝庭からかすかな鳥の囀りが聞こえた気がするありふれた一日の始まりにある僅かな違和感ひょっとしたらこれは他人の記憶ではないか私ではない私がこっそりのぞいているのかも なぜいつも私のまわりだけ雨…

📃 お知らせ 📃 〈noteでの詩の紹介〉「そして冬がはじまる」

noteで詩を紹介しました #note それからはきっと誰かがみている夢の続きだ空を埋めた夢は陽を浴びて思い思いの矢印でからからからと回りつづけているに違いないけれどそれも重たい鈍色が塗り潰してしまう降り積もる雪の白が静かに街並を消していく ▶︎ note:…

🎍 年末・年始 Special Week 5 🎍 〈未発表詩 2〉 📖 そして冬がはじまる 📖

そして冬がはじまる 降りしきる雪を救急車のサイレンが切り裂くクリスマスキャロルが家路への足を急がせる切ないめまいのなか遠くで誰かが呼んでいる助けてほしいときれぎれの声が聞こえてくるエナメルのコートが肩をぶつけて行き過ぎる 「それから」と投げ…

📃 お知らせ 📃 〈noteでの詩の紹介〉「涙」

noteで詩を紹介しました #note たおやかに流れていく涙の訳を聞きはしまいたとえそれが戻らない季節のせいだとしてもたとえそれが私の沈黙のせいだったとしてもただ美しく流れる涙があってもいいだろう空の青だけを見つめて今あなたが泣いている ▶︎ note:ht…

noteマガジンのお知らせ 📃

青山勇樹 新抒情派詩集 1(2019年12月) 果てしない波のくりかえしのなかでいつまでも眠る真珠になろう|aoyamayuki #note https://note.com/aoyamayuki/m/m0cd003be4b0e #詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術

🎍 年末・年始 Special Week 4 🎍 〈未発表詩 1〉 📖 涙 📖

涙 見開いた瞳からこぼれ落ちる涙が眩しく光る声もたてず表情も変えずあなたが泣いている湿った心のなかに激しい嵐が吹き荒れても瞬きもしないで空の青だけを見つめている私は傍らで黙ったままあなたを見つめている 瞳いっぱいにあふれた水に世界が逆さに映…

🎍 年末・年始 Special Week 3 🎍 〈詩論〉 📄 新たなる抒情詩をめざして 📄

新たなる抒情詩をめざして 新しい時代の、新しい抒情詩とは何でしょうか。 日本では、これまでも、たくさんの優れた抒情詩が書かれ、ひろく読まれ、親しまれてきました。 ところが、現代詩には、ときとして単なる言語実験に堕しているのではないかと思われる…

🌅 謹賀新年 🌅

‪ あけましておめでとうございます ‬‪ 新しい年を迎えましたので、改めて自己紹介いたします 青山勇樹(あおやまゆうき)と申します。大学の教員として教育や研究に励みながら、詩を書いています。 名 前:青山勇樹勤務先:修文大学(愛知県一宮市)出身校:…

🎍年末・年始 Special Week 2 🎍 〈詩集紹介〉 📖 『クレーの絵本』 谷川俊太郎 著 (講談社 刊)📖

『クレーの絵本』 谷川俊太郎 著 おおきなさかなはおおきなくちでちゅうくらいのさかなをたべちゅうくらいのさかなはちいさなさかなをたべちいさなさかなはもっとちいさなさかなをたべいのちはいのちをいけにえとしてひかりかがやくしあわせはふしあわせをや…

🎍年末・年始 Special Week 1🎍 〈文学の魅力〉 📖 時を越える 📖

文学の魅力 深い森には魔女が棲むように、蔵書の背後の暗がりに時空を自在に操る妖精が潜んでいる気がしてならなかった子どもの頃、週末になるたび、隣町の境内にあった大きな図書館へと自転車を走らせた。 文芸書が売れないと嘆かれるようになって久しい。…