果てしない青のために(Pour le bleu sans fin)

青山勇樹:詩人。名古屋市在住。大学の教員として教育や研究に励みながら、詩を書いています。もともとは、高等学校の国語科の教員でした。31年間の高校勤務のうち、後半の14年間は教頭として学校の管理にあたりました。現在、大学では、言語と表現、日本語表現、日本の文学などの講義を担当しています。あなたの心に、言の葉を揺らす優しい風が届けられますように。光と戯れる言葉のきらめきが、あなたの心にもあふれますように。仕事の依頼などはメールで ⇨ aoyamayuki1963-poetry@yahoo.co.jp

詩集『リエゾン LIAISON』より No.26「薄明」

f:id:aoyamayuki:20200128190451j:image

薄明

からんと晴れたぼくの胸のひろがりに
そびえるひとつの梢がある
その先にはいつからか
ちいさくあおざめた矢印があって

風が

きまって吹いているので
方角はいつも行方知れずだ
どこかで翼のはばたく気配がして
ふりむけば
黒く装ったあなたが
横顔をみせて歩いてゆこうとする

ひとつのおおきな想いが
真夜中の空を渡っていったのは
たしか夏の終わりのことだったろう
あれからずいぶんときがたって
ひとがうたをくりかえしうたって
鳥たちが遠くへいってしまって
たくさんの星が流れて
それでも顔をあげてみると
日焼けした肌をあちこちに貼りつけたまま
まだ空は
新しい陽を見つけることができない

朝でもなくまして夜でもなく
ひろがりは
ただこうして晴れわたるばかりで
どこで生まれてどこへ去るのだろう
風だけがいつも
あなたの髪の香りのふりをしている
矢印といえば
いつもその行方を追いかけて
からからとかわいた夢をみているばかりだ

風が

ではなくぼくの腕がすらりと伸びて
その髪をすくおうとするけれども

つきぬけた腕の果てには
いつまでも立ちつくすひろがりが
やがて訪れる次の風を待ちわびて
黙ったまま矢印を見つめつづける

 

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術 #言葉 #創作