果てしない青のために(Pour le bleu sans fin)

青山勇樹:詩人。名古屋市在住。大学の教員として教育や研究に励みながら、詩を書いています。もともとは、高等学校の国語科の教員でした。31年間の高校勤務のうち、後半の14年間は教頭として学校の管理にあたりました。現在、大学では、言語と表現、日本語表現、日本の文学などの講義を担当しています。あなたの心に、言の葉を揺らす優しい風が届けられますように。光と戯れる言葉のきらめきが、あなたの心にもあふれますように。仕事の依頼などはメールで ⇨ aoyamayuki1963-poetry@yahoo.co.jp

詩集『リエゾン LIAISON』より No.17「卒業」

f:id:aoyamayuki:20200106165047j:image

卒業

きょうの言葉はきょうのうちに
見えない風の粒々になって
いつか吹きぬけてゆくはずなのに
静まりかえった青に染められ
さよならの声がたちどまる

記念写真の隅で息をこらし
時計をとめてまばたきをする
すべてはその一瞬に
思い出という装いをはじめる
だからもう制服はいらない

誰もいないグランドに
ふと遠い喚声がこだまする
おもいがけなくよみがえるのは
あつい鼓動と
テニスボールの真新しい匂い

追憶とは忘れているものだ
想いだすときにはいつも
忘れていたということに気がつく
それはすこし恥ずかしいから
懐かしいなどとつぶやいてみる

さしだすひとつの掌があり
うけとる確かなぬくもりがある
ひかりはこぼれあふれていて
まぶしさに瞳をとじるのではなく
見つめるまなざしこそがまぶしい

扉をあけてでてゆこうとすると
私の胸から白い炎が翔びたつ
高みでひとしきりきょうの風にゆれ
やがてはばたく翼のかたちで
どこまでも舞いつづける

#詩 #現代詩 #自由詩 #詩人 #詩集 #文芸 #文学 #芸術